• ホーム
  • 医薬品を用いる医療ダイエット

医薬品を用いる医療ダイエット

2019年07月19日
お腹の脂肪を心配する女性

医療ダイエットとは、医薬品を利用して減量を行なうというものです。
自分自身では食欲を抑えることが出来ない、食べるのが好きなどの人に最適な方法です。
医療ダイエットで利用される医薬品は様々ありますが、代表的なものといえばゼニカルや、そのジェネリック医薬品であるオルリガルです。
医薬品ときくと、怖いというイメージがありますが、こちらを用いることにより、効率よくダイエットを成功に導くことが出来ます。

ゼニカルやオルリガルは食事に含まれる脂肪分の吸収をカットし、体外に排出することで、余分なカロリー摂取を防ぎ痩せやすい体を作る医薬品です。
そのため、無理なカロリーコントロールの必要がなく、「食べながらダイエット効果を得られる医薬品」として人気があります。

自分で行うダイエットとは異なり、医療ダイエットの場合は専門の知識を持つ医師の指導を受けながら行なうことが出来るため、リバウンドの確立を減らすことが出来ます。
全ての病院で処方を受けることが出来るわけではありませんので、訪れる前に確認するようにしましょう。
ダイエット外来のある病院や美容外科、一部の内科医院で指導を受けることが出来ます。

また、海外から個人輸入の通販サイトから購入することができる事もあります。
わざわざ病院を訪れる必要もありませんし、価格も安いことがあるため、利用するという人が多くなっています。
しかし、ゼニカルは通販で買うにしてもそれなりの価格になっており、継続した服用が難しいという声もあります。
そんな時のために、ジェネリック医薬品であるオルリガルを個人輸入の通販サイトで買う方法があります。
オルリガルはゼニカルの後発薬なので、同じ成分配合にもかかわらず、ゼニカルより薬価が安くなっているので、費用を抑えてダイエット効果を得たい方に大変人気があります。
オルリガルのダイエット効果に関しては、個人輸入の通販サイトに多く口コミが寄せられていますが、ゼニカルと同様であることがよくわかります。

ある調査によるとダイエットの成功率は1割にも満たないと言われています。
効率的に効率よくダイエットを成功させる方法として、リバウンドをしないダイエット方法として医療ダイエットは注目されています。